日焼け止め

保湿も色ムラカバーも…化粧下地と日焼け止めの威力

ニナファームの「UVエマルジョン ミュー」を現在使っていますが、新しい商品が出ているようです。
新しくボディにも使える日焼け止め「UVリキッド ミュー コール」が登場しました。
また、現在使っているUVエマルジョン ミューも、現在のものから順次切り替わるようです。
新しい日焼け止めはどんなかんじなのでしょうか?
ボディとフェイスが1本で済むと楽な人はたくさんいそうですね。
でも私はフェイス用は「化粧下地に使えます」と書いていないと不安になるタイプ…
「UVリキッド ミュー コール」はボディ用としてぜひ使ってみたいです。

さて、UVエマルジョン ミューを使い始めて2週間ほど経ちました。
使っていて、化粧下地というよりもリキッドファンデーションを塗っているような気持ちになります。
なんたってファンデーションと同じ色ですから。
しかし、これを塗ってからファンデーションを重ねると、色ムラはキレイに整えてくれます。
色ムラをカバーしてくれることで、化粧がしやすくなりました。

写真の通り、がっつりと肌色です。明るめですが、伸びの良いテクスチャーと肌馴染みの良さで自然な色になります。
あくまで化粧下地ですし、この上にファンデーションを乗せるので、地肌の色に合わなそうな人でも使いやすいと思います。

前に使っていた化粧下地も日焼け止め成分は入っていたのですが、落ちやすいのか夜家に帰るときには化粧が半分落ちたようになっていました。
今回はファンデーションとの相性も良いのか化粧の持ちも良い気がします。

何よりも嬉しいのが、保湿成分配合という点。
乾燥する今の時期、フェイスパウダーを乗せたときに顔のカサカサが浮き出てしまうのですが、ニナファームのUVエマルジョン ミューはそれが軽減されます。
時期的にも乾燥が落ち着きつつありますが、まだまだ、そしてこれからも頼もしい化粧下地となりそうです。

このカサカサ軽減が優秀で、「まさか前に使っていた化粧下地が合っていなかったのか」と思ってしまいます。
これだけでUVエマルジョン ミューをリピートする理由となりそうなぐらいです。

驚いたのが、伸びの良さです。
日焼け止めって、成分のせいかあまり伸びない商品が多いですよね。伸びないおかげで厚塗りになってしまうこともしばしば…
それと比べるとUVエマルジョン ミューは割と伸びが良いです。保湿成分や美容成分が入っているからでしょうか?
テクスチャーもあまり固くなく、顔全体にまんべんなく塗ることができます。
乳液などと比べると当然伸びは劣りますが、化粧下地としては十分に使いやすいです。

「UVエマルジョン ミュー」で紫外線対策

ここ2~3日は、急に暖かくなりました。
冬も終わりに近づいているのでしょうか。

春になると紫外線対策を始める人も多いのではないでしょうか。
紫外線は年中降りそそいでいるとは言いますが、やはり紫外線が気になるのは夏。
夏の一歩手前の春から対策を始める人が多いそうです。

そんな流行り(?)に便乗して、ニナファームの新しい商品に手を出してみました。
「UVエマルジョン ミュー」です。

美容液と日焼け止めがひとつになった商品です。

ニナファームの通販サイトには、次のように書いてありました。
1本で「UVケア・化粧下地・美容液・保湿」という4つの働きをこなす日焼け止め美容液。
https://www.ninapharm.co.jp/products/item/detail.php?product_id=835より)
紫外線対策にもなり、化粧下地にもなり、美容液&保湿剤としての役目も・・・
1石4鳥?すごいです。

さっそく開封しましょう。
中から出てきたボトルは白とピンクを基調としています。

シルバーの縁取りが上品な感じです。
大きさは、同じくニナファームから発売している「オヴィ リップセラム」と同じくらいです。

小さ目のボトルですが、持ってみると思ったよりもずっしりと重いです。

SPF25/PA++と、常に紫外線にさらされる顔もしっかりとサポートしてくれます。

手に出してみると、ファンデーションの色をしています。
明るめのベージュっぽい色です。
ニナファームの通販サイトの口コミには「ファンデーションがいらない」と書かれていて、「まさか~」と疑っていたのですが、これは確かにいらないかもしれません。
今はUVエマルジョン ミューの上からファンデーションを使っていますが、今後はファンデーションを薄くしていくことが出来そうです。
ファンデーションの節約…予想してなかったです。