リップクリーム

リップクリームの正しい使い方

20180208-top画像

ニナファームが販売しているリップクリーム「オヴィ リップセラム」を使い始めてもうすぐ1ヶ月。
唇が動くたびに切れてしまう血だらけ生活も改善され、安心しています。

今まで正しい使い方など気にしないで使っていたリップクリームですが、今一度リップクリームについて調べ直してみました。

リップクリームとは?

説明は必要ないかもしれません。
多くの人に馴染みがあるリップクリームは唇の乾燥を守るものです。
中にはニナファームの「オヴィ リップセラム」のように美容成分が含まれたものもあります。

では、「リップクリーム」と「リップバーム」の違いは何なのでしょうか?
効果はどちらも乾燥から守るのを目的としているそうです。
その中でも「リップクリーム」はクリームのようになめらかで伸びの良いもので、スティック等のものはこの「リップクリーム」と呼ばれることが多いようです。
「リップバーム」はリップクリームよりもどろりと成分が濃密である場合が多いようです。チューブや小さな缶に入っているものは「リップバーム」と呼ばれるようです。こういうタイプは指でクリームをとり唇に塗るものが多いですね。

こうしてみると、粘度や質感の違いはさておき、スティックは「リップクリーム」、小さな缶に入ったものは「リップバーム」と呼ばれている気がします。

リップクリームの正しい使い方

リップクリームを使う前に、唇の汚れはキレイに落としておきましょう。
ご飯を食べた後、歯を磨いた後には特に汚れが付着しやすいです。
汚れがリップクリームの成分を邪魔しないよう、キレイにしておくことが大切です。

また、リップクリームは少し温めてから使うと塗りやすいです。
ひと肌程度の暖めることで成分が溶けやすく、唇に浸透しやすくなります。
冬にはリップクリームを両手で包んで、体温で温めましょう。

リップクリームを塗るときには縦方向に塗ると唇へのストレスが軽減されます。
擦るよりもポンポンと押し当てる様に塗ると良いようです。

また、塗すぎにも注意です。
1日に何回も塗ることで逆に唇へのストレスが増してしまいます。
1日5回までに抑えた方がいいようです。

何も考えずに「唇が乾燥したから」と思ってぐりぐりリップクリームを使っていましたが、間違った使い方も多いことに気づきました。
そもそも、リップクリームは「乾燥したから」塗るものじゃないそうです・・・
乾燥する前に塗るほうがキレイな唇に近づけるそうです。

「オヴィ リップセラム」の使い心地

20180125-top画像

ニナファームから発売されているリップクリーム「オヴィ リップセラム」を使い始めて2週間ほどが経ちました。
ところで、リップクリームを使う時は、1回にどのくらい塗っていますか?

私の場合は2回ほど。言い方があっているのかわからないのですが、右から左へ塗って、左から右へ再度塗ります。往復という言い方にも近いですね。
それが今までの使い方でした。
それくらい塗らないとすぐに乾燥してしまっていました。

オヴィ リップセラムを使い始めてからは、1回だけさらっと塗って終わりにしています。

使い初めの時は「良い値段するからケチろう」と貧乏性丸出しで1度塗りをしていたのですが、最近になって「1度塗りで足りる」ということに気づきました。
リップクリームに求めているのは「長時間乾燥から守る」こと。
ニナファームのリップセラムはテクスチャーがやわらかく伸びもよく、成分が素早く唇に浸透します。

リップクリームを使う回数は変わっていません。むしろ少し少なくなった気がします。
それでも十分足りています。

ニナファームの通販サイトのオヴィ リップセラムのページでは、ワンポイントテクニックが載っていました。
縦ジワに沿ってなじませるとシワのすき間まで成分が行き渡るようです。知らなかった。
いつも横に塗っていたのですが、逆に刺激となってしまうこともあるそう・・・
次から縦塗りに変えてみます。

さらに、オヴィ リップセラムは口紅の下地としても使えるとのこと。
口紅にも下地を使うことがあるんですね。
私は普段から口紅を使わないのですが、チャンスがあればやってみたいです。

「オヴィ リップセラム」が届きました

20180111-TOP画像

ニナファームのスキンケアは、「肌」に徹底的にこだわって商品が作られています。
顔は毎日洗い、化粧水や乳液などを使用します。
しかし、それだけではケアしきれない部分が出てきます。

唇も、肌の一部。
なのに、化粧水やジェル美容液だけでは唇の乾燥は防ぎきれません。

私も、市販のリップクリームを切らせて早数か月…
その間も化粧水や美容液といった洗顔後のスキンケアは怠っていませんが、唇は乾燥したままです。
口は毎日動かす部分。
食事の時、会話の時、何もしていないときでも無意識に動くことがあります。

乾燥している時に困るのが、唇が切れてしまうことではないでしょうか。
私もこの冬何度も切れました。
一度切れると癖になるのかまた同じところが切れるんですよね。
乾燥は本当に厄介です。

流石にもうそろそろ新しいリップクリームを買おうと思っていたところ、思い出しました。
「唇も肌の一部」です。

スキンケア商品が豊富なニナファームなら、リップクリームもあるだろうと通販サイトを探すこと約2分・・・
(分かりやすい通販サイトで助かります・・・)

リップクリームのパッケージ画像

ありました。買いました。届きました。
ニナファームのリップクリームは「オヴィ リップセラム」といいます。

シルバーが輝くパッケージ。豪華です。
でも中身はリップクリーム。箱も割と小さめです。

リップクリームのパッケージの大きさ比較

500円玉と比べてみました。
大きさが分かるでしょうか?
小さいとはいっても、通常のリップクリームとあまり変わりません。3g入っています。
私が以前使っていたニベアのリップクリームも2~3gだったと記憶しています。
価格はやはりニナファームの方が高いのですが・・・

「オヴィ リップセラム」はオヴィシリーズのひとつです。
オヴィシリーズにはニナファーム独自のエイジングケア成分「ヴィキュア オイル」が入っています。
ヴィキュアはざくろのこと。見た目にインパクトのある果物ですが、ミネラルやビタミン、レスベラトロール、エラグ酸といった肌にもおいしい成分が含まれています。
そのザクロからつくられた「ヴィキュア オイル」。
私がニナファームの独自成分「ヴィキュア」系を使うのは初めてです。
使い慣れない本日は少しドキドキしながら使っています。
ザクロもいつか食べてみたいです。

リップクリームの箱を開けた画像

オヴィ リップセラムを箱から取り出してみると、細身のスティックが出てきました。
思っていたよりも細い。華奢なスタイルです。

リップクリームを手に持った画像

自分の手を晒すのが恥ずかしいのですが・・・細身なのが分かるでしょうか。
パールがかったデザインも相まってオシャレです。
さらさらとしていて触り心地も良いです。