アクティアージュの3ステップで基本のスキンケアを

冬は特に乾燥が気になる季節です。
お肌がカサカサになって心配な方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。
最近は顔の半分より下、顎や頬の下の方が特に乾燥します。
こういう時にこそ、毎日のスキンケアで肌の調子が変わるものです。
ニナファームの通販サイトにもスキンケアの重要性がたくさん書かれています。

我が家にもせっかくアクティアージュシリーズのすべてが揃っているので、気を抜かずにスキンケアを続けていきたいと思います。

思えば、スキンケアに3つも商品を使うのは初めての体験です。
以前は化粧水だけ、たまーに美容液…終了。といった感じでした。

現在は、化粧水→美容液→ジェル保湿液と3つの商品を使っているわけですが、チャチャッと使えるものなので、それほど苦には思っていません。
ジェル保湿液の「アクティアージュ ジェルパスティーク +」は最近使い始めたばかりですが、あまり消費は激しくありません。
どうやら私には今の所、少量でいいようです。
多めに使用すると、次の日に吹き出物ができやすくなってしまう気がします。

ジェルパスティークは少量でもすごくしっとりします。最近は少量を乾燥の気になる部分にだけ使用する生活にしています。
これだけでもお肌の調子が良いので助かっています。
さらに乾燥が酷くなる日もあるかと思うので、その時にはジェルの使用量を多めにしようと考えています。

日本気象協会の天気予報サイト「tenki.jp」では、乾燥情報がわかる「うるおい指数」や、お肌へのダメージ指数の「シミ・リバウンド指数」、紫外線の量を教えてくれる「紫外線指数」など、肌に有益な予報を教えてくれます。
これを基にスキンケアを行うと、自分の肌との良い付き合い方が分かる気がします。
tenki.jp

その他にも星空指数など面白いコンテンツもあるので、見ていると楽しいサイトです。

あくまで私の個人的な使い方なので、適量には個人差があります。私が使っている量がご自身では少なかったりすると、トラブルの原因にもなりかねません。少し多くしたり、少なくしたりと、自分に合う量を探してみると良いと思います。

ジェルで保湿!

アクティアージュ ジェルパスティーク +がニナファームから届いて1週間くらい経ちました。
さっそく使っているのでレポートにします。

まずは使い方です。

「アクティアージュ ウォータープレシャス +」や、
「アクティアージュ ローションエフェクティブ +」と同様、商品が入っていた箱を開くと説明書になります。

ジェルパスティークの使い方には、「適量を手に取り、顔全体にやさしくなじませます。乾燥が気になる部分には重ね付けしていただくと効果的です。」とあります。
ローションエフェクティブと同じですね。

ということで、洗顔後にさっそく使ってみることにしました。
まずはいつも通り洗顔です。
クレンジングでメイクを落とした後、しっかりと泡立てた洗顔石けん「サヴォン アンベリール」をやさしく顔全体にのせ、泡を動かすように洗顔します。
ぬるま湯で泡を綺麗に流した後は水分をタオルで拭います。ここもやさしくやさしく。
タオルに水分を吸わせるように顔を拭きます。

さて、スキンケアの最初は「アクティアージュ ウォータープレシャス +」の出番です。
ミスト化粧水を少し顔から離して5,6回顔に吹きかけます。
抑える様にパッティングをして顔全体に化粧水をなじませています。
ミストのおかげで、もともと小さな粒子が顔に付くので肌なじみも早いです。

次は「アクティアージュ ローションエフェクティブ +」です。
こちらはミストではないので、手のひらに1プッシュ分を出し、手のひらにまんべんなく広げて顔に当てます。
ここもやさしくパッティングするように顔全体へなじませていきます。
肌のもっちり感がすぐに感じられるので、そこで終了しています。

最近はこのように洗顔とスキンケアを行っていました。
個人的なやり方ですので医学的・美容的に正しいのかはわからないのですが…

さて、その後に仲間入りした「アクティアージュ ジェルパスティーク +」の出番です。
少量を手のひらに出して伸ばし、顔全体へなじませます。

ジェルはピンクがかっていて、匂いはありません。クリアピンク?と感じるくらい透明がかったピンクです。
最初のうちだけかもしれませんが、チューブを握りすぎるとたくさん出てきてしまうので注意です。
さらに、口を下に向けたまま開けるとジェルが出てきてしまうので、口を開けるときにはひっくり返しましょう。

手のひらにジェルを伸ばしたら、顔全体に伸ばしていくのですが、ジェルは保湿成分が多いのかものすごくしっとりします。
ローションエフェクティブよりも肌へなじむのが遅いです。
上記では「少量」を手に取ったと書きましたが、この「少量」が難しいです。
最初の1回はやはり量が多かったようで、翌日の肌にニキビがひとつできてしまいました。
現在は小豆1粒より少し多いくらいを目安に使っています。
それでもたまに多い気がするときがあります…

適量をまだ模索している最中ですが、使い始めてもう1週間くらい経つので、そろそろ使い方が定着しそうです。

これで無事「アクティアージュ」シリーズをコンプリート出来ました。
今後の肌がどうなるのか、楽しみです。

ジェルの「アクティアージュ ジェルパスティーク +」が届きました。

ニナファームから発売しているアクティアージュシリーズ最後のステップ「アクティアージュ ジェルパスティーク +」を購入しました。
無事に届きましたので開封の様子を記事にしたいと思います。

まずは箱から。

化粧水のウォータープレシャスや美容液のローションエフェクティブと同じく真っ赤な箱です。
ジェルパスティークの箱は幅広サイズで他とは少し大きさが違います。
その他のデザインは化粧水や美容液と同じのようです。

側面に英語表記があったり、裏面には成分や販売者情報が書かれている点も同じですね。

さて、開けてみましょう。

中からはチューブ状の容器が。
化粧水と美容液はボトルタイプでしたが、ジェルはチューブ状です。
形が明らかに違うので、他シリーズの商品と間違うこともなさそうです。

今回も、商品には透明なラベルが密着しています。
蓋の所に点線があるので、そこからラベルを剥がせるようになっています。
ぺりぺりと剥がすと、つるんとした御姿が登場します。

手に持ってみると、意外に大きいのが印象的です。
横に幅広さを感じます。

ウォータープレシャス、ローションエフェクティブと並べるとこんな感じです。

ウォータープレシャスが順調に減っているのがわかります。
ウォータープレシャスは使い始めて3ヶ月が経ちました。
ローションエフェクティブは1ヶ月です。
両方とも順調に減っているように見えます。

ジェルパスティークの内容量は120gです。たっぷり入っています。

今晩からさっそくアクティアージュ3ステップでスキンケアをしていきたいと思います。
楽しみにとっておきたくて、まだ1度も蓋を開けていません。
今日の洗顔が少し楽しみです。

商品名が省略して書いてありました。ジェルpsq+と省略できるんですね。